てらにし珈琲本店

 

一期一会を大切に一杯に込めるもてなし

設えられたインテリアの一つひとつに趣があり、壁には当時の面影を残すメニューボードも。正統派の昭和の喫茶店という言葉がしっくりくるてらにし珈琲は、開業から44年間変わらない佇まいでずっとこの地にあり続けています。オープンは朝の8時から。同店のモーニングから一日がはじまるという人も少なくありません。オーダーが入ると流れるように調理をこなし、あっという間に一皿が完成していく。「ここは舞台なんですよ。わざわざうちを目指して来てくださるお客様に常に最高の幸せを届けたい。それは常連の方も初めての方も皆同じです。むしろ常連のお客様ほど今日の出会いを大切にしたいと思っています」と代表取締役の寺西隆幸さん。ゆったりとした丁寧な語り口から温厚な性格がうかがえます。てらにし珈琲の原点は70余年続く老舗の「神戸にしむら珈琲店」。その一期一会の精神が引き継がれています。素敵なカフェタイムをどうぞ。

📓:Vol.23  2021年6月1日号
□本店 広島県広島市中区宝町6-15
☎082-249-3850 8:00~18:30 日・祝日定休
□国泰寺店 広島県広島市中区国泰寺町1-3-15 1F
☎082-242-3850 8:00~18:30 日・祝日定休
https://www.teranishicoffee.com

前の記事

cafe repos

次の記事

かしわや入江