Agawa

 

郷愁感が誘う、豊北の魅力 小さなまちのkiosk 

 京都から下関間の日本海側沿岸を走る山陰本線は、車窓から見える大らかな自然が旅情をかきたてるローカル線。その中の一つである阿川駅は小さなまちの無人駅ですが、老朽化が進んだため待合室を新設。2020年3月に山陰の魅力を発信するモダンな商業施設へと生まれ変わりました。阿川の雑穀米や油谷の棚田米、農家さんが育てた野菜や果物、長門俵山のジビエなど、豊北のおいしい食材を活かしたメニューと、おいしい空気。田舎時間を満喫してみてはいかがでしょう。

📓:Vol.24  2021年8月1日号
山口県下関市豊北町阿川水取3653
土・日曜・祝日 11:30~16:30
金・土曜 18:00~21:00(予約制)
Pあり
https://www.agawa1928.com

前の記事

サルワーレ

次の記事

Cafe Leaf