Cafe Leaf

紡ぎ紡がれてきた、愛情の味

豊田町から長門方面へ抜ける県道34号線沿いに気になる建物。店舗横にあるクロスロードの踏切警報機に見覚えのある方も多いのではないでしょうか。手つかずの自然に囲まれたカフェリーフは、47年の歴史を刻んだ純喫茶の面影を残した一軒家レストラン。店内に飾ってある鉄道関連のグッズは先代からのコレクション。安定したおいしさのハンバーグはもちろん、自家製バンズが自慢のハンバーガーやピザも。地元の人だけでなく、ドライブがてら立ち寄る人たちで賑わっています。コーヒーにもこだわり、神戸・萩原珈琲から届く炭火焙煎のコーヒー豆を丁寧にサイフォンで抽出。抹茶茶碗で提供されるので、カフェオレボウルのように楽しんでみて。

下関市豊田町殿敷2269-1
083-766-2560
インスタcafe._leaf
2021年8月発行 Vol.24から抜粋

前の記事

Garden La Vent Vert

次の記事

小さなまちのkiosk Agawa