muk

 

歴史が刻まれた場所で夫婦が紡ぐ新しいストーリー

 歴史的な町並みが残る石畳通りの一角。卑弥呼蔵と呼ばれる万寿之井酒造跡地の黒い建物が今年3月に誕生したmuk。昼は焼き菓子店、夜はフレンチレストラン。2つの顔を持つユニークな新店を手がけているのは福間さん夫妻。無駄を省いたミニマルな空間には大きめのテーブルが一つだけ。8〜9種類の焼き菓子が並びますが、早めに行かないと売り切れてしまうこともしばしば。人気のシュークリームやカヌレ、プリンもゲットしたいところです。

📓:Vol.24  2021年8月1日号
広島県三次市三次町1144-1
☎0824-62-0303
焼菓子/12:00~15:00 ※無くなり次第終了
レストラン/18:00~ ※2日前までの完全予約制
月・火・水曜定休 Pあり

 

前の記事

Breeze

次の記事

iolite